ホーム / Play / 男木島で宝探し/ Ogijima Scavenger Hunt

男木島、未来の教育プロジェクトでは島の子どもたちの豊かな教育環境を整えることを目標に活動しています。今回の活動は学校、保育所の時間外に子どもたちが集まって学べる機会を提供するため企画されました。
Ogijima Future Education Project is aiming to set a rich education environment for children on Ogijima. We have planned out an activity for Ogijima kids to gather beyond school and nursery school.

※この記事は英語で作成されています。日本語訳は記事末尾をご覧ください。

Research tells us that children learn best through play. So what better way to encourage children’s observational and memory skills than through a playful Ogi scavenger hunt?

This past week the children on Ogijima had the opportunity to participate in a scavenger hunt designed uniquely for our island, by islanders. The scavenger hunt boards were designed by two parents – one drew the pictures and the other parent personalized each child’s list based on their age. Having both pictures and words, as well as personalizing the lists allowed a wide range of ages to participate happily together. The youngest searched for three items, the four and five year olds had 6 items on their list, and the primary school students had the full page of 11 items to search for.

The pictures highlighted aspects of Ogijima nature and culture such as “someone pushing an onba,” “Meon2,” and “black kite.” It was a rainy afternoon, so some things were harder to find, like grasshoppers, crabs, and cats. It made many of us wonder where the grasshoppers go in the rain and where all the cats were hiding! The scavenger hunt encouraged the children to look closely – spotting tiny snails and checking hiding spots for the beloved pet, Spark the dog.  Many of the children worked together if they noticed they were looking for the same item. 

After about 30 minutes of searching we gathered back at Ogijima’s Soul to get out of the rain, compare our scavenger hunt lists, and to have a special treat made by one of the parents. 

It will be interesting to do this on a sunny day next time and see what is different!


さまざまな研究で子どもは遊びを通して一番学ぶことが証明されています。そこで、今回は「男木島宝探し」と題して、子どもの観察力を記憶力を高める企画を考えてみました。宝探しの「お宝」は男木島ならではのものを選定!それを男木島在住のイラストレーター、橋本一将さんに描いてもらいました。

男木島通なら分かる?! 

今回は2才から小学生までの子どもたちが参加したので、年齢に応じて数を変えました。絵と文字の表記と、年齢に合わせた工夫によって、幅広い年齢の子どもが参加できるようにしています。一番小さい2才は3点、4−5才は6点、小学生は全部11点を探します。

男木島を象徴する自然や文化を絵の題材として選んでいます。例えば、「オンバ(荷台車)を押す人」「めおん2」「とんび」など。宝探し当日は雨が降っていたため、バッタ、カニ、猫など探しにくいものもありましたが、「バッタや猫は雨の日どこに隠れるのだろう」と考えるきっかけにもなり、島民に愛される犬のスパークを探したり、小さいカタツムリを見つけるなど、普段よりもよく見ることを促すきっかけになったと思います。子どもたちは同じアイテムを探していることに気づいたら一緒に探していました。

開始から30分が経過すると、宝探しは終了。雨から逃れるために男木交流館に戻ってお互いのリストを比べたり、お菓子づくりの得意な保護者の一人が準備してくれたご褒美のお菓子をいただきました。

次回は晴れの日に同じことをして、違いを感じたいと思います!