ホーム / School / 「男木島、未来の教育プロジェクト」小学校での授業-第5・6週レポート

3学期から始まった小学校での活動、今年度は第6週目が最後の授業となりました。これまでの取り組みのまとめは追って記事にしていく予定です。今回は第5、6週目について紹介します。

これまでの学校での授業レポート

第5週目授業(2限分)

今週参加したのは、小学生1人、先生1人、教育プロジェクトメンバー2人。残りが少なくなってきたので、子どもたちに残り時間数を伝えて、終わりまでに達成していきたいことを考えた週となりました。

授業の計画

  • 今日を含めてあと3時間、どこまでする?という話。勝手クラブ(放課後、または土日開催)で続けることもできるよと伝える。
  • できれば1限目で協力してもらう人リスト、作ることでどう変わるかできた影響・ハードルを考える
  • 頼むためには何が必要?(お互いがwinwin関係が必要だよね)
  • 紙に書いて協力者にプレゼンしに行く?
  • 場所についても頼みに行きながら、誰に許可を取ればいいか聞いてみる
  • 2時間目に頼みにいっちゃう?

実際

  • あと3時間しかないという話
    • 場所を考える
    • 材料を集める
    • 協力者を頼む
  • 料金を取りたい子と、取りたくない子で分かれた

場所を決める

  • 家の竹林のところに作る?
  • 竹林を見にいく→無理
  • 家修繕作業中だった地域の方に相談に乗ってもらう
  • 生えている木を支柱にするのは無理そう

材料を集める

  • 他の丸太も見にいく
  • 他の丸太の長さなどを測る

協力者を頼む(用務員さんに相談に乗ってもらう)

  • 木を組むにはどうしたらいいか
  • ロープで結ぶ
  • 設計図(方眼紙で)を作る

第6週目授業(1限分)

授業の計画

  • 設計図を作る
  • 3年生は模型づくり。4年生は書けたら方眼紙に設計図書く

実際

  • 図面を書く
  • 鉛筆と紐で模型を作ってみよう
    • 役割分担ではなく二人で模型作り
    • 紐と鉛筆
    • はさみ縛り
  • 電子黒板を使って絵を書いて行く
    • 前から見た図と横から見た図を分担(前から見た図–3年生担当、横から見た図–4年生担当)
    • 模型から絵にする時に、実物を見ないで書くと離れてしまう
  • 設計図を作るための縮尺の計算
    • 木を結ぶ角度をどうするかが課題
      →今あるブランコの角度を見てみるのは?
  • 今日は進みが早かった
  • 木(材料)も見て、やりたいこともわかっているので早いのではないか
  • 誘導していない分、自分たちがやっていることがわかっていて、理解度が深いので、回を進めるごとに子供たちの進行が早くなって行く
  • 案が出てくるスピードも早くなってくる
  • 教育プロジェクトとして、子供たちに決めさせていることが子供たちの主体性を育てている
  • 主体性があるので顕著に成長が見れる

今後の活動時間

校長先生と相談したところ、今後の教育プロジェクトの活動は、朝の時間を一部活用して続けることになりました。次回は教育プロジェクトのメンバーが朝学習の時間に学校にお邪魔して、方眼紙に設計図を書いていきます。(コロナウイルスの学校休校措置により今後については検討中です。)